top of page
  • 執筆者の写真久美 永野

第28回 錦戸企業 専務取締役 錦戸啓人さん

更新日:2023年4月18日

2021/8/9放送分

アーカイブはこちら




地元天草で多くの皆様がご存知の錦戸企業の専務取締役 錦戸啓人さんにおいでいただきました だいぶ緊張してますとの話でしたが、、 なんの心配もなく、流暢にお話いただきました

錦戸企業グループではコンクリート二次製品や生コンクリートの製造業、石油製品・プロパンガス・電力等のエネルギー事業、リゾートホテルや水族館等の観光事業、管・電気・空調設備事業や運送業、auショップの代理店、福祉事業など、天草を中心に熊本県内で人々の生活に欠かせない事業、大小合わせて20を超える事業を多角的に総勢約500名の力で支えておられると言うことで、大きな責任という言葉が印象的でした。その企業の強みとセールスポイントについてお聴きすると強みは多角化!

例1:一昨年にオープンしました小松原町のオートステーションアマックスでは、新車・中古車の販売買取はもちろん、レンタル・リース・車検整備を行っており、併せて当社ではガソリンスタンドも運営しておりますので、連携したワンストップでのサービスの展開が可能になります。車を購入または売却された場合に給油券をお付けする等の特典。 例2:また5年程前には市役所前にあります貸衣装ブランマリエを引き継ぎまして、ホテルアレグリアの婚礼部門との連携した提案。 例3:天草パールセンターの真珠のリピーターのお客様にはホテルアレグリアへの宿泊を招待する 等々。 異業種が同一資本であるメリットを活かして様々なご提案が商品サービスが可能になります。(BtoBも含めて) 社内の強みとして、御承知の通り、現在は新型コロナウイルスの影響でグループ内でも特に観光事業や福祉事業は大きな打撃を受けておりますが、グループの総合力で社員は1人も解雇しておりませんし、給与に関しても一切減額しておりません。 直接お客様には関係ありませんが、社員のモチベーションも維持できることが強みになります。 当社は明治11年頃から炭鉱の事業を営んでおりました。 しかし昭和に入り石炭から石油へのエネルギー源の変換に合わせて石油事業・ガス事業を拡大、また高度経済成長時の列島改造ブームの際はコンクリート事業・設備事業と事業を拡大して参りました。 近年では高齢化社会に合わせ福祉事業への参入、また今後天草では観光戦略が1つの大きな柱になってくることを考え、 ホテルアレグリアガーデンズ天草や天草パールセンター・海中水族館シードーナツ等の観光事業への参入など、常に時代の変化に合わせた事業の展開を行って参りました。令和に入りまして石油事業・コンクリート製造業の資源を活かし、小松原町のアマックスで車の販売、整備、レンタル、リース事業も展開しております。今後も当社の資源を活かしながら時代の変化に合わせた商品・サービスの展開を地域に根差して積極的に多角化を行っていきたいと考えております。 また、現在進行中のものでは、天草パールセンター及び海中水族館シードーナツを全面改装中であり今年の12月にフルリニューアルオープンを予定しております。また、サンリブ横のauショップ本渡店も店舗拡大中であり、秋頃に完成予定であります。さらにはまだ完成時期は未定ですがホテルアレグリアでも新施設の計画を行っておるところであります。 今後はSDGsやESG経営、直近ではカーボンニュートラルの目標も出まして、特に石油事業は向かい風の時代となっていきます。 この先数年で需要がゼロになることは考えにくいですが、先程申し上げた車販売のアマックスのような近隣業種への展開で、事業・雇用の維持を図っていけるような体制も構築していきたいと考えています。

「心うるおうステージづくり」・・・ 私共の事業はコンクリート製品をはじめ、エネルギー事業や設備事業、福祉事業など人々の豊かな生活には欠かすことのできない商品・サービスを展開しております。人々が豊かであると感じられるような ステージを築いていきたいという思いから、コーポレートスローガンとしております。 緊張の中にも、啓人さんの言葉に熱い思いが伝わりました。 ありがとうございました

アテンドで出演いただきました、泉幹事ありがとうございました。 感謝いたします。




閲覧数:1,464回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page