top of page
  • 執筆者の写真久美 永野

第33回 医療法人本原会 本原クリニック院長 本原 研一さん

更新日:2023年4月19日

2021/9/13放送分

アーカイブはこちら



皆さんご存知の産科婦人科医院、入院病床19床を持つ有床診療所です。


外来診療としては、産科の妊婦健診や婦人科の一般外来診療から不妊治療まで、入院診療としては、分娩、帝王切開手術、婦人科手術、中絶手術など対応しております。また、かかりつけの患者さんへは24時間体制で、時間外救急外来にも対応いたしております。

自社の強み、セールポイントとしては、 昭和61年3月に開院いたしました。開院以来、およそ35年にわたり天草地域の産婦人科医療に携わってまいりました。年間300名~500名の出産を取り扱っていますが、その間、一度も医療事故、医療訴訟、そして私共にとって最も不幸な出来事である母体死亡等に遭遇することなく無事に経過したことは私共の唯一のほこりであり財産であると思っています。


また、私は、熊本大学病院で研鑽を積んだ後、平成25年4月より当院での診療にあたっております。帰ってきて1年間は、天草地域医療センター麻酔科で併行して麻酔を習い、平成26年からは硬膜外和痛分娩を開始しております。現在、年間50~60例の硬膜外和痛分娩を取り扱っており、妊婦さんの多様なニーズにお応えいたしております。

今までクリニックでは、20,000人の出産に関わってこられ、その人の人生のスタートをお手伝いされている、先代から35年の歴史はこれからもずっと継続されていくとのこと。 お父様の姿を見て医師になろうと決意したと院長は語っていただきました。 先代の志を継承いただき今後とも天草地域の産婦人科医療に携わっていただけると思います。


リクエストでいただいた曲が 歌手)KingrassHoppers 曲名)十月十日 私も4人の子供の父親ですが、これから父親になられる方に是非聞いていただきたい曲です。妊娠、出産には、それを支えるご家族の力も大切です。この曲には、必死に頑張っていこうとする父親の気持ちが込められており、共感される方も多いのではないでしょうか。


先生の心動かす言葉!

患者さんのことを自分の家族と思いなさい。

そうすると判断を間違うことはありません。

恩師の言葉の受け売りですが、私の臨床の基本としています。





閲覧数:470回0件のコメント

Comments


bottom of page