top of page
  • 執筆者の写真久美 永野

第45回 藍の村観光株式会社 代表取締役 藤川 護章さんと企画戦略室 山下 慶子さん

更新日:2023年4月21日

2021/12/6放送分

アーカイブはこちら


『 藍の村観光株式会社 代表取締役 藤川護章さんと企画戦略室 山下慶子さん』においでいただきました。


業種・業態は、

観光小売・飲食・製造加工・農業 藍のあまくさ村・リゾラテラス天草・リゾラファーム天草 藍のあまくさ村は創業32年を迎え日本一の天草四郎像をシンボルに年間80万人のお客様を集客し、工場直売の名物「天草四郎 ちくわ」をはじめ、天草の海産物・特産品・オリジナル商品を多数取り揃えます。


店舗奥には島カフェエリアがあり、買い物以外にも 旅の休憩場所としても楽しめる施設です。リゾラテラス天草は今年7年目を迎え、今までにない天草観光のイメージを創ることができました。

全席オーシャンビューのレストランでは天草産の食材を活用したメニューを始め、人気の塩パン・自家製ジェラートなど、天 草随一の景観を眺めながらゆっくりと時間を過ごすことが出来ます。リゾラファームはコロナを機に事業を開始し、ブルーベリー・キウイの栽培、レストランで提供する野菜やハーブを無農薬で育てています。

自社の強み、セールポイントは、

天草産の食材を活用して多くのオリジナル商品を開発しています。

生産者さん加工業者さんと協力し、どこにもない、ここに来なければ買えない商品づくりはお客様にとっても地域にとっても重要 な私達の仕事です。

企業ミッションとして、

「島から世界へ。新しい観光の風を吹かす!」 ビジョン「感謝の想いを笑顔で繋ぐリーディングカ ンパニーへ。


今後の事業展開、ビジョンなど

コロナの影響は観光業にとって大きな危機でした。

しかし、何事も意味があると捉え、ピンチをチャンスへの精神 で前向きに考えた結果、我々の顧客は観光客だけではないことに気づきました。


ドラッカーの言葉に、企業の目的は「顧客の創造」とあります。

そこでビジネスパーソンをメインターゲットとし、観光業の課題でもある平日稼働 率を引き上げ安定的な事業運営目指し、ワーケーションできる宿泊施設の建設を展開します。


新たな顧客の創造は天草全体にも波及効果があり、当社施設利用者を地域レジャー施設・飲食店・物産館などに促します。また2拠点・多拠点生活の候補地にし、移住促進を図り、持続可能な発展的地域づくりに寄与したいと考えています。

天草ついて思うことは、

私も中学校を卒業し、熊本市内、他県での生活をしてきました。

28歳で天草に帰り、そこで見た天草の景観や食 材のポテンシャルを強く感じました。

特に上天草は今多くの観光投資が進み、じゃらんでも「行ってみて良かった 観光地ランキング」でも2位になっています。

更に投資が進む事で多くの観光客または地域住民さんにとっても魅力的な地域になるでしょう!

旅行が好きです。だから観光業・仕事も楽しんでます。


【座右の銘】


思考は実現化する


コーポレートサイトの案内です。 https://ainomura.com/


アテンドの永野幹事ありがとうございました。




閲覧数:237回0件のコメント
bottom of page