top of page
  • 執筆者の写真Ryuichiro Ido

第165回 熊本県議会議員 楠本 千秋さん

更新日:5月22日

2024/5/13放送分


地元企業応援ラジオフレフレ天草放送後記

いつもお聴きいただきありがとうございます。

今回165回目もスタジオから生放送でお送りしました。


ゲストは、熊本県議会議員 楠本千秋さん 

1949年10月13日 生まれの現在75歳です。


1 熊本県議会について


熊本県議会議員の定数は49人であり、合計21の選挙区があります。熊本県の人口は約170万人。34,694人から1人選ばれている計算になります。


県議会議員の仕事は、条例を設けたり、改正したりする。予算を決定する。法律や条例に基づいて、事柄を決定する。予算が正しく使われたか審査する。県の仕事が、県議会で決められたとおり進められているかどうかの調査や検査をする。県の仕事についての県民からの要望(請願書)について審査する。県民の幸福や利益になるように国や関係の機関に意見を述べる。議長、副議長など議会の内部や選挙管理委員会の委員など議会外に関する選挙を行う。


また、知事が、副知事、出納長、教育委員、人事委員、公安委員、監査委員など県の重要な地位につく人を任命または選任するときには、議会の同意が必要となる。


2 現在取り組まれている活動ついて


地域の安心安全な取り組み

通学路の歩道整備(東小、栖小、新和小)

河川堆積土砂の撤去(亀川、町山口、隅田川、白洲川、河内川、広瀬川)

健康寿命の延伸が大切、管内の国・県道路整備、管内高校の魅力化


 3、これからの天草は何が必要か?


道路整備や農地整備の遅れ

(高速交通ネット副委員長、建設常任委員会)


【趣味・特技】


ダンス〈健康体操→デンマーク体操〉〈フォークダンス〉 50年


楠本県議の楽しいお話、ありがとうございました。


フレフレ天草をこれからも宜しくお願い致します。





閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page