top of page
  • 執筆者の写真Ryuichiro Ido

第13回 株式会社船田工務店 船田幸平さん

更新日:2023年4月18日

2021/4/26放送分

アーカイブはこちらから



熊本県内の指定農場でのみ飼育することができる「天草大王」の生産から販売を行っています。安心・安全で美味しい「天草大王」を目指し、日々研究努力を重ねております。


現在、熊本県内はもとより、日本各地からご依頼いただき、常に新鮮な状態で納品し、高い評価をいただいておられる会社です。天草大王とは明治中期に熊本県天草地方で作出されていたが昭和に入って絶滅した国内最大級の地鶏です。残された1枚の油絵と僅かな文献を基に、熊本県農業研究センターで8年歳月をかけ復元に成功した熊本県の地鶏です。

天草大王の最大の特徴は、その大きさです。通常の鶏が3kg前後に対して天草大王のオスは6kg近くに迫る大きさです。


私どもではその大きさにこだわりを持っております。

大きさを左右するのは、まずはエサを食べる量が重要です。

次に環境(温度や鶏舎の広さ)が重要で、最後に飼育期間です。

より大きな鶏をつくるため、エサの配合、回数など手間かけて育ててます。

また鶏舎も広々とした環境で快適に過ごせる空間を作り、ストレスを抑えて飼育してます。

飼育期間も通常の鶏の2倍以上の期間である120日~150日育てます。

大きいだけで良いの?大きいとうまいのか?と言われそうですが、大きい→肉付きが良い→脂・旨味が乗ってうまいに繋がると考えてます。15年の飼育経験より、いまでは惚れ惚れする鶏を育てることができるようなりました。是非私共が育てた天草大王を食して頂きたいと思います。現在は、飲食店、卸業者中心に出荷してますが今後は直接消費者へ販売できるようにしていきたいと思ってます。


まずは販売チャンネルの見直し、ネット販売利用を拡大していきたいと思います。

それには異業種企業と連携した商品開発し、商品のラインナップの充実を図りたいと思ってます。またネット販売だけでなく消費者へ直接提供できるよう飲食店を開業したいと考えてます。天草大王という食材で天草をPRできたらと考えてますとの事でした。


食べてみたい方は、是非かかしの里で購入ください。


素晴らしいお話ありがとうございました!

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page