top of page
  • 執筆者の写真Ryuichiro Ido

第122回 たからじま保育園 園長 松岡 佳春さん

更新日:2023年9月4日

2023/7/10放送分

アーカイブはこちら



今回のゲストは 『 たからじま保育園 園長 松岡佳春(ヨシハル)さん』

1979年2月2日 生まれの現在44歳です。


1. 業種・業態を今一度教えてください。 児童福祉事業 認可外保育所


2. 自社の強み・セールスポイント 子どもに合わせて保育を創っていく所。天草の自然を生かした生活と、和食中心の安全な食を通した食育、さくら・さくらんぼ教育のなかのリズム遊び。そして、劇活動。


3. 今後の事業展開、ビジョンなど 保育のスキルを上げるという事です。九州や、全国の中には、子どもたちの為に日々学びを絶やさずに、楽しく保育園をやっていることろがあります。


コロナになり、ズームでの勉強会が保育業界の中で広がったこともあり、全国の保育園と繋がって、月4回の勉強会の中で、目からうろこの保育をたくさん聞くことが出来ます。


まずは、今やっている保育を日々積み上げるには大人が学びを辞めないように、常に学んでいく。


4. 天草について思うこと 子ども達が遊ぶ場所が少ないなと思っています。

錦島プールがなくなったことは大きいかなと思っています。


それと、雨の日も、室内で遊べるような広い場所と、公園もあと少しあると、休日の過ごし方が楽しくなるのかなと思っています。


文化や芸術を学べる場所があるととてもいいのかなと思っています。


【座右の銘】


当たり前を疑う


【趣味など】


保育をしていて、子ども達を理解している自分の中の当たり前の感覚が、しっくりこないことがある。


保育園の保育に子どもを合わせるのではなくて、子ども達の姿に保育園が合わせていくことが、いいなと思うから。


フレフレ天草をこれからも宜しくお願い致します。





閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page