top of page
  • 執筆者の写真Ryuichiro Ido

第108回 合同会社 oneself 代表社員 原田 皓生さん

更新日:2023年7月3日

2023/4/3放送分

アーカイブはこちら




今回のゲストは、36歳の経営者!

『 合同会社 oneself(ワンセルフ) 代表社員 原田皓生(ヒロオ)さん』にお話しをいただきました。


1 、業種・業態を教えてください。 介護予防事業、小売り業(高齢者向け宅配弁当)です。介護予防事業では、介護が必要な状態になる前に健康で元気な身体づくりを行うことですが、現在天草市にある8箇所の公民館へ出向き、高齢者の方に対し体操教室を開催しています。


また通いの場と呼ばれるコミュニティーへの体操指導や自費による運動教室も開催しており、出来る限り高齢者の方が自宅や住み慣れた地域で元気に過ごせるサポートをしています。小売業では「宅配クック123天草店」という高齢者向けの健康に配慮した宅配の弁当屋さんを運営しています。現在旧本渡市から有明方面、倉岳方面、五和や苓北方面を中心に宅配弁当を配達しています。


2、 自社の強み・セールスポイント 弊社は高齢者の介護予防事業中心に運営しています。介護予防に大切なのは「運動」「栄養」「社会参加」の3つです。「運動」と「社会参加」は体操教室で、「栄養」は宅配弁当でサポートしており、天草市で唯一介護予防に特化した会社だと思っています。


特に体操教室では、病院や施設以外で理学療法士が関わる運動教室は弊社のみです。これまで約800人近い高齢者の方と関わってきましたが、8割以上の方を元気にさせていただきました。身体の不調などがある高齢者の方はぜひ一度相談してください。


3、 今後の事業展開、ビジョンなど 天草市では少子高齢化が大きな問題としていわれています。少子高齢化によって生じる問題の1つが高齢者が増えることによって介護保険を利用する方が増え、介護保険料が大幅にかかってしまうことが挙げられます。ということは、逆に元気な高齢者が増え、介護保険を利用しなくても生活できる方が増えればその問題も解決できるということです。


現在介護予防事業を中心に運営している弊社の役割は、今後もかなり重要になってくると考えています。


なので、今後は今ある事業をさらに拡大させサポートする地域の増やしたり、新たに介護予防において最近話題となっている認知症を予防できる事業所を開設する予定としています。


4、 天草について思うこと 様々な業種で20代30代の若者が頑張っている地域だなと思います。知り合いや同級生で起業している地域は天草がダントツで多いです。また子育てがしやすい地域でもあります。自然豊かで、様々な経験をさせやすく、心豊かな子供が育ちやすいと感じています。


【趣味・特技】

マラソンやトライアスロン、船釣り


【座右の銘】

頼まれごとは試されごと


友人や仕事関係で頼まれることが多くありますが、頼まれたことはすぐにOKを出し、相手が予想している以上の出来になるように頑張るようにしています。少しでも自分に頼んでよかったなーと思ってもらえるように心がけています。


素晴らしい考えを持って事業を展開する原田さんのとても楽しいお話しありがとうございました。


フレフレ天草をこれからも宜しくお願い致します!




閲覧数:53回0件のコメント
bottom of page