top of page
  • 執筆者の写真久美 永野

第51回 株式会社中村建設、株式会社ステップファーム 営業統括部長 富山 宏士さん

更新日:2023年4月21日

2022/2/21放送分

アーカイブはこちら


1月24日から放送をしばらく中断しておりましたが、、 今回から、収録にて放送を再開致しました。改めて宜しくお願いします。


今回は、株式会社中村建設、株式会社ステップファーム 営業統括部長 富山宏士さんにおいでいただきました。


1.業種、業態を教えてください。 農産物および水産物の生産、加工および販売です。きくらげと、ミニトマトの施設栽培によって、高い生産量を維持し地域の雇用を増やす事を目指しています。


特にきくらげは自社で菌床を製造し、より良い菌床の研究から、きくらげ自体の品質や収量の向上、生産エネルギーの削減などに取り組み、弊社の菌床を使われる他の生産者の栽培環境の改善にも注力します。また廃菌床を使っての土塊改良によって循環型社会を目指します。


キャッチフレーズは!

『森や海も育む食卓』

2.今後の事業展開を教えてください。 日本の化学肥料の9割が輸入に頼っている現状がある中で、天草の有機物は多種多様でまた最も膨大です。天草の有機物、森林資源、さくらげの廃菌床を中心に農地の土壌改良を行ったり、森林の更新や、地下水源から始まる河川、海に向かう健やかな環に関われるようになることを目指していきたいと思います。


私たちの食卓に上る食材が作られる背景で、森から海に向から環境が保たれる簡環を創造していきたいと思っています。


3.天草について思うことは、 とにかく、森林資源、鉱物資源、畜産業、農業、水産業と、自然の幸の多い事に驚きました。天章の方はこの恵や幸を、『のさり』と言う感覚の1部で亨受されている素晴らしい土地だと思います。

一方で、この幸を活かして価値に換えることに控え目であるなと思います。とても素敵な感性だと思いますが、地域を維持継続していく為に必要な価値に置き換えて行く事をバランス良くする事は、引き続き天草の伝統文化自然を後世に残すため、適正なバランスを考えながら、幸の価値化を進めていける空気を作りたいなと思っています。


【座右の銘は】

理想を叶えようとすることに瞳病にならないこと


言い訳をしたら、とこまでも楽になれますが、その先に自分のチャンス。世の中がよくなるって事は待ってでないなと思うので、まず理想や夢を揚げて、あとは必死に叶える事を大切にしたいです。

素晴らしいお話をありがとうございました。




閲覧数:105回0件のコメント

留言


bottom of page