top of page
  • 執筆者の写真Ryuichiro Ido

第102回 株式会社ホープ建設コンサルタント代表取締役 小野川 隆洋さん

更新日:2023年7月3日

2023/2/20放送分

アーカイブはこちら



『株式会社 ホープ建設 コンサルタント  代表取締役 小野川隆洋さん』にお話を伺いました。


1 業種・業態を教えてください。 総合建設コンサルタントを営んでいます。主たる事業としては、公共事業を中心とした地質調査と測量・設計です。地質調査は主に施設や橋梁などの構造物を建設するうえでの事前調査として行います。


測量・設計については、構造物の建設予定地の測量や、構造物の設計を行います。構造物と呼んでいるものには、橋梁・護岸・道路・トンネル・公園など様々なものが有ります。実際に作る作業を行う土木工事会社、建設会社の事前準備を行うのが我々の仕事です。


土木工事についても一部行っており、また、最近では熊本・天草を中心に不動産事業も行っています。


2 自社の強み・セールスポイント 通常当社程度の規模で有れば、測量・設計か地質調査どちらか一方をやっている会社が多いですが、弊社の場合どちらもやっており、以前は工事も多くやっていました。


狭い業種では有りますが、その中では一連の作業を理解出来ていることは、他社には余りない強みと考えています。


また、私がIT業界に長くおりました。建設業界は今高齢化・人手不足の対策として、ICT化を推進しておりますが、熊本や天草では先んじてDX化などの取り組みをおこなっていける所が強みであると考えております。


3 今後の事業展開、ビジョンなどは 建設業全体の課題ではあるのですが、社員も高齢化してきておりますので、採用に力を入れていきたいと考えています。


天草を中心にしておりますが、熊本の仕事も増えてきておりますので、熊本でもある程度技術者を入れていき、天草と熊本の2軸で業務展開しきたいという考えです。


そのためには離れた事業所間のコミュニケーションも必要となりますが、コロナ禍を契機に弊社でもリモートワークを活用したり、オンラインミーティングを活用したりという機会も増えてきておりますので、リアルも大切にしつつ、うまくツールを活用しながらコミュニケーションをとっていければ良いかなと考えております。  

 また、給料が安定して良ければOKという時代から、働き甲斐や働きやすさなど、重視される価値が変わってきております。それぞれの社員がビジョンを持ち、やりがいを持って、プライベートも楽しめるような、環境を会社が提供・サポート出来るような仕組みづくり、人材開発に力を入れていきたいと思っております。


そのうえで、より事業拡大させていくような取り組みが出来ればと考えております。


4 天草について思うことは 天草を22年離れて戻ってくると色々思うことが有ります。自然な綺麗なこと。うちの妻は東京出身ですが、熊本から天草を行き来するときも、海や青空、夕陽を見て、その美しさにいつも感心しています。


 また、人が穏やかです。東京で電車に乗るときは子供が泣いていたら降りるかを考えたり、食事の時も子供が騒がないかを気を使っていましたが、天草で子供が泣いていても基本的に温かい目で見てもらえます。


みんなが穏やかな気持ちでいるからこそと思います。悪い面でいうと、やっぱり天草の外のことを知らなくて、凄く保守的な方が多かったりする所かと思います。天草を盛り上げよう、地域を盛り上げようとする人がいる一方、変わることにとまどいを持つ人もいます。


今凄く20代・30代の方で頑張っている方たちもいるので、そういう方達を応援しつつ、上の方達との緩衝材としても動けたらいいのかなとも思っています。


【趣味・特技】  趣味は楽器演奏で、アルトサックスを中心に演奏します。東京では色々な所でセッションイベントというものが有り、イベントの日に楽器をやる人達が集まってその場で曲を演奏したり楽しんでいました。


そんな環境を天草でも作りたいと思い、不定期で県外や国外のミュージシャンを呼んでイベントをしたりもしています。又、子供達にもそういった一流の音楽に触れてもらい、こころ豊かに育ってもらいたいと考えています。


【座右の銘】

為せば成る 為さねば成らぬ何事も

決断して、本気でやりきる思いをしてやると、色々なチャンスや偶然・協力を得ながらも、達成することが出来ると考えているから。 また、そのような体験をさせて頂いたから。


ありがとうございます。 フレフレ天草を宜しくお願い致します!







閲覧数:84回0件のコメント

Comments


bottom of page