top of page
  • 執筆者の写真久美 永野

第104回 有限会社にしだ 代表取締役 西田 直哉さん

更新日:2023年7月3日

2023/3/6放送分

アーカイブはこちら



今回は、同友会四支部合同例会(宇城、八代、天草、人吉・球磨)の模様を八代ホワイトパレスから収録放送でお送りしました。


『 有限会社 にしだ 代表取締役西田直哉さん』にお話いだだきました。


1 業種・業態を教えてください。 小売業―食料品スーパーマーケットです。店舗で5店舗、移動スーパーとくし丸5台、無人餃子販売所、通販事業も行っております。

2 自社の強み・セールスポイント 『食を通じて、にしだに関わるすべての人を笑顔に。』弊社の企業理念です。近江商人の経営哲学のひとつとして「三方よし」があります。「商売において売り手と買い手が満足するのは当然のこと、社会に貢献できてこそよい商売といえる」という考えに共感した事がベースになっております。弊社では通常の大手メーカーの食品はもとより、地元ローカルな豆腐や漬物、野菜等を取り揃えております。

その他の商品といたしまして、出来るだけ人や環境に配慮して作った商品の販売をしております。いま食べたものが、明日の心や体をつくる。「食はいのち」そのものであると、自分の子供の誕生をきっかけに思うようになり、食の勉強を深めたところ添加物・農薬・化学肥料や遺伝子組み換え原料の摂取習慣が病気につながる可能性がある事を知りました。


そこで、他社スーパーではあまり販売されないそれらを出来るだけ排除した「自分の子供に本当にたべさせたい」を基準に選んだ美味しい商品を『からだにやさしいセレクション』として展開し、地域のお客様に支持いただいております。それらの調味料や原材料を使用した惣菜も製造販売しています。


また、移動販売事業「とくし丸」を展開し八代の買い物困難な方への一助になっております。また、昨年は寄付が出来るペットボトルリサイクル事業にも取り組み始めました。

3 今後の事業展開、ビジョンなど 『食を通じて、にしだに関わるすべての人を笑顔に。』を達成するために、佳い食をこれまで以上に品揃えし【からだにやさしい台所】を作りアフターコロナ時にはお客様とより近づけるイベント等を計画し「楽しい・うれしい」スーパーマーケットに進化し、地域の健康寿命を伸ばす事がこれからのビジョンです。


4 八代について思うこと 八代は、緑豊かな自然に囲まれています。多くの山々や、川、公園などがあり、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。


また、自然環境を生かした農業や漁業も盛んであり、地元の食材をもっと通販事業で販売したり、他県のスーパーマーケットの仲間に紹介し地域の良い商品を広めていけたらと思っております。


【趣味・特技】 

最近はYoutubeを観る事です。ビジネス系や健康系チャンネル等を観て新たな知識を得て商売に生かしたり、音楽を聴いてリラックス、本の要約を聞き流したりします。得た知識を部下にPOPを書かせて販売促進を行ったりもしております。


【座右の銘】


孜孜不倦(ししふけん)

途中でやめることなく、こつこつと努力をし続けること。


西田さんの会社に対するの思いが溢れたお話しでした。 ありがとうございます。


フレフレ天草をこれからも宜しくお願い致します!




閲覧数:34回0件のコメント

Comments


bottom of page